※このコラムは3分ほどで読むことが出来ます!
“食サポ”=食生活サポートの略です。

「スポーツを通じて子どもたちの未来を変えたい!」
スポーツ指導者だけでなく選手、保護者を含めた
あらゆるスポーツ関係者を総合的にサポートする活動を続ける、
特定非営利活動法人スポーツ指導者支援協会の伊藤様の書下ろしです。

今回のタイトル
部活をやっている皆さんなら、気になりますね。
ではさっそく読んでみましょう!
伊藤様、 よろしくお願いいたします。

第6回:試合に向けて、何を準備するか

こんにちは。伊藤です。
スポーツの秋ですね。各種大会も各地で繰り広げられていることでしょう。
皆さんの中に、「試合×食生活」で悩んでいることはありますか?
「試合の時、何を食べたら良いの?」はよく受ける質問です。

今回のタイトルは「試合に向けて、なにを準備するか」としました。

さて、このコラムでこれをどう扱うか。
これまでこのコラムを読んでくれている方は、だいたいお察しの通りです。
やはり!?
ちょっと変わった切り口から切り込みます。
もちろん目的は、皆さんの悩みを少しでも解消するためです。

まずは、「試合×食生活」における中高生の「あるある」をご紹介します。

・「勝ちメシ」は人それぞれ

いわゆる「勝ちメシ=試合時のゲン担ぎ」は? と尋ね回ったことがあります。
結果、うどん、パスタ、肉、おにぎり…など、
やや炭水化物系の傾向があるようですが、当然人によって異なります。
中には、「勝ちメシ自体がそもそもない」とか「その時食べたいモノ」という人もいました。
これは、プロ選手でも同様ですね。ネットや書籍で調べてみて下さい。

・・・ということから何が言えるか。
試合の時の食生活を、一つにしぼる必要はない?

・ 知る≠実践する

続いて、「試合と食生活において知っている知識や情報は?」もリサーチしたことがあります。
皆さんの中でも知っているor聞いたことがある情報は少なからずあることでしょう。
たとえば、「試合前は、エネルギー補給をした方が良い」とか「油ものは食べない方が良い」はよく出てきますね。
ところが、「知っているor聞いたことがある」という選手に、
「実際にやっているの?」と尋ねると、必ずしも「はい」という返事がもらえるわけではありません・・・。
良いとかダメと知っているのに、どうして実践しないのか。もしくはできないのか。

・・・ということから何が言えるか。
知っているからといって、実践する(できる)とは限らない?

・実践する≠振り返る

もちろん、中には「うん、やってるよ!」と応える選手もいます。
「試合前にエネルギーゼリーを飲む」とか、「バナナを食べる」あたりは実例として教えてくれることですね。
取り組んでいる選手には、こんな問いを立ててみます。
「やってみて、どう? 良いことは起きている?」
もちろん、「はい、いい感じです!」という回答を期待しています。
しかし中には、「そう言われると…わかりません」という選手に(意外に!?)出くわします。
そして、たいてい、「チームでやると決められているので」とか「良いと言われたので」といった言葉が続きます。
私は「かえって問題がおきているかもね」なんて皮肉を残すようにしています。(笑)

・ ・・ということから何が言えるか。
取り組んでいても、結果(成果)を振り返っているわけではない?

自分も当てはまっていたかも・・・
と思った皆さんは、悩みの解消ができつつあるということです。
じゃあどうすれば良い? と思った人。
もうひと踏ん張りです。

では、以下の質問とともに振り返ってみて下さい。

・試合中の身体に異変(すぐ疲れる・足がつる・お腹が痛くなる)は起きていますか?

▶異変が起きている以上は、異変につながる「何か」があると考えるべき
▶異変は身体に起きているわけですから、身体の材料となる食事に目を向けるべき

・異変につながりうる原因を探っていますか?

試合「中」に起こる身体の異変は、もちろん試合「前」の食事に原因がありえます。
▶具体的に、自分の食べ方を振り返るべき(いつ・どこで・なにを・どのように)
▶振り返るポイントがわからないのであれば、情報や知識を活用すべき
こうしたら良い、とかダメ、という情報を自分の食べ方に照らし合わせてみては?
目的がはっきりしているので、調べやすいでしょ?

・ 実践したら、結果を振り返っていますか?

良いと言われることをやれば必ず良くなるという保証は、残念ながらありません。
▶取り組んだのであれば、結果を振り返るべき
▶期待する結果が得られないのであれば、取り組んだ内容をもう一度見直すべき
これを結果が出るまで繰り返せるかどうかです。失敗は成功のもとから。

少々、長くなりましたね。これで終わります。
次の試合に向けて自分に合った準備をしましょう。
皆さんは、どんな準備ができそうですか?

・ 今回は教訓というより、ややこしい一言で締めくくります。

準備した通りにはいかないのも世の常。
ということは、それすらも準備ができれば、鬼に金棒?

 

伊藤様 どうもありがとうございました。
それでは第7回をお楽しみに!

☆伊藤慧(いとうさとし)1982年生まれ、愛知県出身。
NPO法人スポーツ指導者支援協会プロジェクトマネージャー。小学3年からサッカーを始め、中1と高3のときに膝の半月板の手術を経験する。それがきっかけでスポーツ医学に興味をもち、筑波大学体育専門学群を経て、同大学院体育研究科スポーツ医学研究室を修了。その間、少年サッカーのコーチや高校サッカー部のトレーナーとして現場に携わる。その経験の中で、よりスポーツ界に広く携わりたいと思うようになり、NPO法人スポーツ指導者支援協会に就職。同時期(2007-2011年にかけて)、(公財)日本サッカー協会ロジカルコミュニケーションスキル講師を務め、選手育成や指導者養成に携わる。現在は、高校サッカー部の現場で経験したことを元に始めた「食生活サポート」事業を中心に、全国約40の小〜大学生のチームサポートやスタッフ養成に力を注いでいる。また、J1クラブの若手選手の研修も務める。

★スポーツ指導者支援協会HP:
パフォーマンスupにつながるDVDも紹介
http://www.sportif-support.net/
★ちょっと変わった”食サポ”があなたのチームのチカラとなる
〜ふつうと違う!? 3つのポイント〜
1:「身体づくり」×「考え方を学ぶ」に目を向けた一石二鳥なプログラム
2:毎月ではなく、たまに(3-4ヶ月おき)取り組むからこそ無理なく「本気」で続けられる
3:全国レベルじゃなくても、分かりやすい結果が出る
(100チーム・30,000人が証明) 詳細・お問い合わせは下記から
http://www.sportif-support.net/service/lesson/lesson.html