コラム

好評企画!”食サポ” コラム 第3回:掘り下げることでみえるコト

※このコラムは3分ほどで読むことが出来ます! “食サポ”=食生活サポートの略です。 「スポーツを通じて子どもたちの未来を変えたい!」 スポーツ指導者だけでなく選手、保護者を含めたあらゆるスポーツ関係者を 総合的にサポートする活動を続ける、 特定非営利活動法人スポーツ指導者支援協会の伊藤様の書下ろしです。。 今回のお話もなかなか奥が深いです。 じっくりお読みください。 では よろしくお願いいたします。 第3回:掘り下げることでみえるコト こんにちは、伊藤です。 前回の「バランスを感じているか?」に続いて「バランス」を扱います。 「食生活バランス」に関連したよくある質問や悩みの中から ちょっと気になるものをご紹介します。 Case1:気になる質問 「いちご牛乳は飲んでも良いですか?」 女子高生A子選手からこんな質問を受けたことがあります。 私は、「いいと思うよ」と答えました。 そうしたらA子選手は、「わかりました!」と言い、 続けて「じゃあバナナ牛乳は飲んでも良いですか?」 と尋ねてきました・・・。 ん・・? なんだかおかしなやりとりですね。 何がおかしいのでしょう? もちろん、いちご牛乳がどうかについて気になっているわけではありません。 これは、「◯◯っていいですか?」という質問です。 つまり、「良いか悪いか」を尋ねており、 明確な答えも受けていますので、成り立っていますね。 しかし、また同じようなことを尋ねている、というなんとも不思議なやりとりです。 ※本当にあった話ですし、心当たりがある人もいるのでは?? さて、この不思議なやりとりの違和感を探ってみましょう。 心当たりのある人は、自分に問いかけてみて下さい。 まず、良いか悪いか(結論)だけを教えてもらったときに、疑問はわかないのですかね?? 「どうして良いんだろう??」とか、「なぜダメなんだろう?」とかです。 またまたサッカーの場面におきかえるとすると、例えばこのやりとりは 「右パスを出しても良いですか?」 と同じような質問です。 サッカーを経験されたことのある方ならピンとくると思いますが、 パスを出して良いかどうかは、その選手自身が「判断する」ことです。 このいちご牛乳のやりとりにおいては、判断された結論のみを確認しようとしています。 したがって、その結論にいたった理由はふれないので これでは、判断力は身につきませんね。 問われなかったのであえて理由を説明しなかった私も、少々意地悪でしたが(苦笑)、 こういう質問をよくしているかも・・と思ったあなたは、要注意です。 これがいわゆる、「わかったつもり」ですね。 ・ 掘り下げることで見える真の悩み では結局、A子選手はなにが聞きたかったのでしょうかね? 本当にいちご牛乳とバナナ牛乳について悩んでいたのでしょうかね? 実際のA子選手の真意はわかりませんが、 それ以降、同じような質問を受けたときは、 「どうして、そのことを聞きたいの?」と尋ねるようにしています。 そうすると、本当の悩みが明らかになることがあります。 よくあるのは、「体重を気にしていて・・・」とか 「背が伸びないので・・」とかです。 本当の悩みがわかると、より皆さんに合った方法や考え方を伝えることができます。 これを読んでくれた皆さんは、 今後「あれ、これってどうなんだろう?」と疑問に思ったとき、 あえて、「でもどうしてこれが気になったんだろう?」とか 「いまの自分にとって、この疑問はどう関係しているのかな?」とか 問いかけてみてみると良いと思います。 そこでわかった本当の悩みとともに質問を投げかければ、 よりすっきりした答えを手にすることができるかもしれません。 Case2:気になる悩み 好き嫌いをどうしたら直せるか・・ 食事の問題で最も多いのは、やはり「好き嫌い」です。 これについても、よくある「嫌いなものも食べようね」と言うつもりはありません。 だからと言って、「嫌いなものは食べなくても良いよ」と言うつもりもありません。 Case1をふまえれば、その判断をするのは本人の問題です。 いくら言っても食べない人は食べないし、一方なにも言わなくとも食べる人は食べます。 だから、他人が判断した結果だけを伝えるのはどうなのかなと思っています。 でも、自分でなんとかすれば〜、などと突き放すような 冷たいことはしたくありません。 だって、困っている人は助けてあげたいですから。 肝心なことは、その助け方です。 ではどう助けるか。次のポイントです。 中高生の皆さんは、「助けられる側」として読んでもらえたら良いでしょう。 ・ 嫌いな理由があるならば、解決は早い? 嫌いなものは、なぜ嫌いなのでしょう。なにかしら、理由がありませんかね?

好評企画!”食サポ” コラム 第2回:「バランス」を感じているか?

※このコラムは3分ほどで読むことが出来ます! “食サポ”=食生活サポートの略です。 第2回:「バランス」を感じているか? こんにちは、伊藤です。 第2回と次回第3回は、「バランス」をテーマにします。   食生活や栄養と言えば、それらと共によく使われる言葉は「バランス」です。 ほぼ、セットですね。 ってことは、栄養バランスには、炭水化物とタンパク質と・・とかいう話でしょ、と思ったあなた。 前回も言ったように、このコラムではちょっと変わっているので、そういう視点は扱いません。   今回は、さまざまな角度から「バランス」に切り込んでみたいと思います。 果たして皆さんは、どこまでバランスを感じているものなのでしょうか?   まず、結論として「食生活バランスがいい方が良い」。 これははっきりさせておきましょう。 あらゆるところで、様々な理論でもって語られていることを、 この場でわざわざ論じる必要はありませんね。   かと言って、それを否定するような研究や考え方をしているわけではありませんので、 そういうことも触れません。   それでも、常日頃、皆さんのような中高生に接していると、 「バランス」というものをいろいろな角度から疑ってみる必要はあるように思うのです。 なぜなら、「バランス」という言葉にしばられている中高生によく出会うからです。   これからいくつかのケースでご紹介していきますので、 もしかしたら自分も当てはまるかも・・・、なんて視点で読み進めると新たな発見があるかもしれません。     ・ 「知らなかった」バランスの中身があるかも? 中学生や高校生に「あなたの食生活でなにか問題はある?」と尋ねると、だいたい「バランスが悪いと思う」という反応があります。 ここでさらに、「どうして悪いと思っているの?」と問うとたいてい次のキーワードがでてきます。 「米・肉・魚・野菜」です。 僕は肉ばかり食べちゃっているので偏っていると思うから・・・ 野菜が嫌いで食べていないので、バランスが悪いから・・ といった感じです。 ここで疑問。 バランスって、「米・肉・魚・野菜」だけを指すのでしょうかね? 違いますね。他に何があるか?(これは調べればわかりますので割愛!) ここで問題視したいのは、もしかしたらあなたの中の食生活バランスにおいて、 ノーマーク(目を向けていない)のものがあるのでは?ということです。 ノーマークってサッカーで言うと、何も手を打っていない状況のことです。 つまり、あなたにとってのノーマークのものが、 もしかしたらあなたのカラダづくりにおいて鍵を握っているかもしれないということです。 実際に、マークしているもの(つまり魚とか野菜とか)においては、 たいがい対策を練っているものです。 トマトは食べられないから、野菜ジュースを飲んでいる、はとても多いですね。 ノーマークの相手にゴールを決められることほど悔しいことはありません。     ・バランスがいいのは何がよいのか 今度は、「バランスがいい」の「いい」は何が良いのか?に切り込んでみます。 「良いから、良いのだ!」という思い込みにしばられていませんか?   食生活バランスがいいと「なにが」良いのですかね? 身体にとっていい・・ →身体にとっていい、とはどういうことですか? 健康にきく‥ →それってどういうことなんですか? →本当にそうなんですか? →それをどうやって確認しましたか? 偉そうな人が言っていた・・ →偉い人が言っていたことは、本当にあなたにとってもいいことばかりなのですか?   じゃあどうしたらよいか。 行き詰まったときは、逆転の発想がオススメです。 つまり、「もしバランスが悪かったら・・」です。 なにかが、どこかに起こりますよね? そう、皆さん自身の身体(=どこか)にです。 身体のどこにか、それは一箇所にしぼれません。 なにが起きるのか。これも一つのことと断定はできません。 であれば、確認するしかないですよね。自らの身体でもって。   いま、食生活バランスが悪いなぁと思うのであれば、 バランスを良くしてみたらどんな変化が起こるのか試してみてはいかがでしょう。 逆にバランスが良いことが本当に良いことなのか疑わしいと思うのであれば、 あえてバランスを悪くしてみるとどんな変化が起こるのかを試してみることも、 バランスを感じるための、一つの手かもしれません。 ※ちなみに、電車の中で片足立ちをすると、こけそうになりますね。

いよいよ連載開始! ”食サポ” コラム 第1回:食生活はだれの問題か 

※このコラムは3分ほどで読むことが出来ます! “食サポ”=食生活サポートの略です。 「スポーツを通じて子どもたちの未来を変えたい!」 スポーツ指導者だけでなく選手、保護者を含めたあらゆるスポーツ関係者を 総合的にサポートする活動を続ける、 特定非営利活動法人スポーツ指導者支援協会の伊藤様より、 The部活!webのために 読者の皆さんの部活生活にとても大切な 食生活サポートに関するお話をシリーズでお話していただきます。 是非お楽しみに! 今回は第1回です。では伊藤様 よろしくお願いいたします。       第1回:食生活はだれの問題か こんにちは、伊藤です。 早速ですが、この字はなんと読めますか?     そう。もちろん「食」です。   今回からこの記事をとおして、普段スポーツをしているみなさんに向けて 「食生活」についてお話しをすることになりました。 よろしくお願いします。   最初の質問はなんだったのかって? 実はちょっとしたメッセージを込めています。 一見すると、なんと書いてある字か読めないような、でもよく見ればなんてことない食という字。 この字が、これからこの記事を通してみなさんと過ごす時間を物語っています。 この記事では、ちょっと変わった切り口から私たちの食生活に切り込んでみたいと思います。   そう、いわゆる『スポーツ栄養学講座』ではないということです。 期待ハズレですか?? たとえばどういうことか。 「バランスよく食べましょうね」とか「栄養素のもたらす最新の研究結果によると・・」とか言うつもりはありません。 でも限りなくスポーツをするみなさんには深く関係する話ばかりです。 なぜなら、これまで私が全国の多くの中高生のスポーツ選手に関わる中で出くわしたことばかりだからです。   さて、はじめていきましょう。   ★食生活についての悩みは⁇ まず、みなさんは今、食生活について何か悩みはありますか? たとえば、『好き嫌いがある』・『たくさん食べられない』・『練習後の夕食が遅い時間になっていて食べていて大丈夫かな』とか‥。 もしくは、食は、私たちの身体の材料に違いありませんから、食生活の悩みは=(イコール)身体の悩みにも置きかえられますね。 つまり、『背が伸びない』とか、『体重がなかなか増えない』とか‥。いかがでしょう? もちろん中には『悩みはない』、という人もいることでしょう。 『何かしら悩みがあるかな』と思い描いたあなたは、その悩みはいつから抱えていますか? いつからって言われたら‥、ずっと前からかも。というあなた。それは困りますよね。 残念ながら、悩みは常にあらわれるものだと思っておいた方が良いでしょう。 そう今悩んでいることが解消されたら、また新たな悩みがあらわれるものです。 尽きることはないのです。ただ、同じ悩みをずっと抱え続けるとしたら・・それは困りますね。 それこそが問題です。 この記事では、ぜひその解決の糸口を探れるような記事にしたいと思っています。 『今、悩みはない』というあなた。これまで悩みがなかったのはうらやましいかぎりです。 ぜひその秘訣を教えてほしいくらいです。 ただ、もしかしたら明日、突如悩みがあらわれるかもしれません。 そんなときのために、読み進めてくれても良いような記事にもしますね。   ★食生活はだれの問題か   さて、先ほどの悩みの話に戻ります。もしその悩みを解決するとしたら、最も関係する人はだれでしょうか?? あえて、1人にしぼって浮かべてみて下さい。だれが浮かびますか? 自分以外の他人(お母さん?お父さん?先生?コーチ?友だち?・・・)が浮かんだあなた。 その人が浮かぶのはどうしてでしょうか? だって、食事を作っているのはお母さんだし‥。 背が低いのは親の遺伝だろうし‥。 好ききらいの原因となったのは、小学校の先生に無理やり食べさせられたからだし‥。 こんなところでしょうか。 最もな理由ですね。 ただあえて問います。本当にその人が最も関係しているのでしょうか?   一方、最も関係するといったら、そりゃ自分でしょ。と思ったあなた。 全ては自分次第だし‥。お母さんが作ってくれても食べるかどうかは自分の問題だし‥。 おおかたこのあたりがその理由でしょうか。 そのとおりですね。 結論としては、私もこの考えに賛成です。 ただ、こちらのみなさんにはあえてこう問いたい。 本当に自分が最も関係していると思っていますか? こういう質問は、結局「自分」と言わせたいんでしょ。と先回りして回答を考えた人は特に要注意です。 答えが当たれば良いという問題ではありません。

軽音楽の最高峰、第2回スニーカーエイジ関東グランプリ大会(2)編集部伊藤が選ぶ「裏スニーカーエイジ・The部活!特別賞受賞式」

軽音楽の最高峰、第2回スニーカーエイジ関東グランプリ大会(2)編集部伊藤が選ぶ「裏スニーカーエイジ・The部活!特別賞受賞式」 さあ、ここからは編集部の伊藤が選んだ特別賞の受賞式です。念のため言っておきますが、公式とは全く関係ありません! 個人的に気に入った高校、選手(プレイヤー)をツラツラと紹介するだけですので、あしからず。ただ演奏の内容だとか、そういったところに関しては少し詳 […] TweetShare on Tumblr

軽音楽の最高峰、第2回スニーカーエイジ関東グランプリ大会(1)グランプリに輝いたのは厚木高等学校!その他出場全20校をご紹介

軽音楽の最高峰、第2回スニーカーエイジ関東グランプリ大会(1)出場校紹介&グランプリ校インタビュー編 こんにちは!編集部の伊藤です。 今日は1月22日(日)に行われた、軽音楽の最高峰、第2回スニーカーエイジ関東グランプリ大会のレポートを書きたいと思います? 全2部構成で、まず第1部では出場校と公式の賞受賞校を紹介&グランプリ校インタビュー。第2部は編集部伊藤が選んだ「裏スニーカーエイジ・The部活!特別賞受賞式」的なものを書きますので、楽しみにしててください(笑)。 […] TweetShare on Tumblr

ポカリスエットのCMソングをブラスバンドでも。キャンペーンに応募してスコアを手に入れよう!!

ポカリスエットのCMソングをブラスバンドでも。キャンペーンに応募してスコアを手に入れよう! ポカリスエットのCMで流されていたCMソングが、ブラスバンド用のスコアとして全国の中学・高校の生徒、教職員を対象に先着250校にプレゼントされるキャンペーンが実施される。 […] TweetShare on Tumblr

4スタンス理論 すべての人間は4つのタイプに分類される!? あなたは何タイプ?

4スタンス理論 すべての人間は4つのタイプに分類される!? あなたは何タイプ? 近頃4スタンス理論という言葉をよく耳にします。テレビでも取り上げられるようになってきました。 例えば電車のつり革の持ち方、うちわの扇ぎ方ひとつ見るだけで、その人の体の使い方 […] TweetShare on Tumblr

編集部伊藤が選ぶ、東京都高校野球秋季大会ベストナイン!

秋季大会は早実の11年ぶりの優勝で幕を閉じましたね〜。2次予選からはほぼ毎日試合を見続けました。見れなかったチーム・選手もあるのですが、見れた選手の中からベストナインを選んでみたいと思います。 投手 松澤海渡(帝京) ピッチャーは帝京の松澤。ピッチャーって闘志バリバリの本格派タイプもいれば、クレ […] TweetShare on Tumblr

【東京都高校野球】いよいよ明日決勝。清宮だけじゃない! 見所を紹介。

【東京都高校野球】いよいよ明日決勝。清宮だけじゃない! 注目の対決の見所を紹介。 11月3日(木)に予定されている、東京都高校野球平成28年度秋季大会決勝。決勝戦のカードは激戦を勝ち抜いてきた早実と日大三に決定した。それぞれの学校の注目選手、試合のみどころを紹介したいと思います。 清宮幸太郎(早実)はもはや説明不要。世代最強打者のファーストスイングをみよ! この男の説明はもはやいらないだろう。世代最強打者の清宮幸太郎(早実)だ。彼の良さはその「柔らかさ」。長距離打者にもかかわらず、コンタクトする能力が抜群に高い。また、自分のゾーンに入ってくるまでボールを待てることもできるため、いらないボールには手を出さない。これが独特の不気味さを演出しているのだと筆者は思う。球場の雰囲気を変える彼のファーストスイングに、ぜひ注目していただきたい。 […] TweetShare on Tumblr

【まとめ】東京の高校で珍しい部活動10選!

【まとめ】東京の高校で珍しい部活動10選! これまで編集部が取材してきた東京の高校の珍しい部活動です。これはまだ氷山の一角ですが、10の部活動をご紹介します! ①多摩大学付属聖ヶ丘中学・高等学校 交通機関研究部(記事はこちら) こちらの交通機関研究部は、さまざまな乗り物の研究を行っている部活動。鉄道以外にも飛行機、車の研 […] TweetShare on Tumblr